埋没くん(GID Lab運営者)のプロフィール

男性の影

 

はじめまして、埋没くん(@ftm_maruo)です。

 

ここでは運営者プロフィールやGID Lab(GIDラボ)のコンセプトをご紹介します。

取材・講演・お仕事のご依頼は、お問い合わせよりお願いします。

埋没くんのプロフィール

埋没くんプロフィール

埋没くん
GID Lab(GIDラボ)運営者

幼少期から自分の性別に疑問を感じており、16歳のころに「性同一性障害」の診断を取得。17歳からホルモン治療と埋没生活を開始し、19歳で胸オペ、23歳で子宮摘出手術をして女性→男性へ戸籍変更。今では9割の友人・知人がFTMであることを知らない。北海道出身、20代後半。

 

僕はGID当事者です。

 

GIDを知らない方のために説明しておくと、GIDは"性同一性障害(現在の医学名は「性別違和」)"のことです。

 

性同一性障害(性別違和)とは?

身体的な性別と内面的な性別(性自認)が一致しないこと。

 

女の子として生まれましたが、幼少期から周囲に女の子としてカテゴライズされることなどに違和感がありました。

 

「自分は男なのになぜ?」と感じていたんです。

 

それから病院で診断を受けて10代で治療を始め、いまでは戸籍上も「男性」となりました。

 

周囲にもわざわざカミングアウトする必要がなくなったので、高校生のころから埋没(※)して生活しています。

※周囲にカミングアウトせず、性自認の性別で生活すること(僕の場合は、普通の男性として生活しています)。

 

ちなみに、仕事は会社員としてメディアのライターをしていて、それとは別にフリーでメディア編集の仕事もしています。

 

GID Lab(GIDラボ)とは?

LGBTのイメージ

 

GID Lab(GIDラボ)のコンセプトや立ち上げた経緯についてお話ししますね。

 

GIDラボのコンセプトは「悩みを抱えるGID当事者やその家族・友人のサポートをすること」です。

 

当事者である僕は、これまでに自分自身の悩みはもちろんのこと、親や友人が接し方などについて悩んでいる場面にも遭遇してきました。

 

しかし、検索してもそういった疑問や悩みを解決してくれるWebサイトはありません

 

そこで立ち上げたのが当サイトのGIDラボです。

 

まだまだ未熟なサイトですが、みなさんに寄り添っていけるようなWebサイトになればいいなと思っています。

 

「こういう情報も欲しい」「これってどうしたらいいの?」などのご意見がありましたら、気軽にお問い合わせくださいね。

 

これからもGIDラボをお願いします!